オーロラを高確率で 見れるツアーや時期は?



こんにちは、ママこです。



『オーロラ見てみたいなぁ!』という8歳のみぽりんのこの一言から始まった今回のフィンランド旅行!



『どうせ行くなら、クリスマスイブにサンタクロースにも会いに行こう!』とパパぞうさんが奮起し旅行を手配!



家族3人で飛行機を乗り継ぎサンタクロースオーロラで有名な、フィンランド北部の小さな町『ロヴァニエミ』に行ってきました。



12月24日クリスマスイブのサンタクロース村で本物のサンタさんに会いに行き、12月25日クリスマスに念願のオーロラという夢の行程が実現!



そして、クリスマス、360度視界の開けた夜空に、赤や緑にゆっくりゆらめく大きなオーロラが・・・( ✧Д✧) カッ!!




ロバニエミで撮影したオーロラ写真
ロバニエミのオーロラツアーで撮影(撮影者;ママ子)




オーロラ写真はど素人レベル(このために一眼レフを購入^^)ですが、いままで親子3人、いろんな国を旅してきましたが、ロヴァニエミで過ごしたクリスマスほど、感動的で思い出深いものはありません。



そこで今日は、クリスマスシーズンに親子で体験した、ロヴァニエミの『オーロラツアー』について、私たちが実際に撮影したオーロラ写真を交えた独自の体験談を中心に、料金やツアーの予約方法、オーロラの見える確率などの情報も含め、詳しくご紹介します。



なお、私の経験から、ロバニエミでオーロラを高確率で見たいなら、絶対に現地オプショナルツアーを利用した方が良いです。



なぜなら、現地オプショナルツアーなら、バスで30分以上移動し、オーロラが高確率で鑑賞できる、街灯のない、360度視界の開けた氷の湖まで連れていってくれるため、オーロラに出会える確率が高く、また、出会えた時の感動の深さが別格だからです。



ロバニエミ中心地の博物館『アルクティクム』周辺の水辺や、中心地から車で10分くらいの丘の上のオーロラが見えるホテル『オーウナバーラ』でも、もちろん鑑賞できますが、せっかく高いお金と時間をつかってロバニエミまで行くわけですし、あのオーロラの深い感動を知った私としては、一生に一度かもしれないロバニエミのオーロラ、絶対に妥協しない方が良いと思うのです。



そんな私が、『高確率でオーロラが見れる人気おすすめ格安ツアー』について、ランキング形式でまとめました。ロバニエミで妥協せず、かつ、コスパ高く最高のオーロラに出会いたいならば、ぜひ参考にしてみて下さい。



高確率でオーロラが見れる人気おすすめ格安ツアーランキング!



ロヴァニエミでオーロラを高確率で見たいなら?観測できる時期は?




自然は思惑通りにいかない! 運次第では2度見ることもある!



ロヴァニエミにおけるオーロラ観測のベストシーズンは9月~3月。



この時期は、夜が長くなるので3日に1度、運がよければ2度みることができるんですって。



これを踏まえて私たちは3泊4日でロヴァニエミに滞在することに。



そして、1日目(12月23日・クリスマスイブイブ)は、ヘルシンキを20:45分に出発する飛行機に乗ったので、ロヴァニエミのホテルに着いたのは23時頃。






タクシーの運転手さんによると、『今日は晴れていたから、この辺(空港と町中を結ぶ道中)でも、場所によっては、オーロラ見えるんじゃないかな。』だって。



ただ、さすがに途中で車とめて観測するのは、日本から飛行機を乗り継ぎ到着したばかりの私たち家族には体力的に厳しかったので、到着初日は、まっすぐホテルに向かいました。



そして、2日目(12月24日・クリスマスイブ)は、朝から雪がチラチラ。



サンタクロース村へ行きましたが、一日中雪が降ったりやんだりというどんよりなお天気…。



そして、ついに3日目(12月25日・クリスマス)、さぁ天気はどうだろう…。



ちなみに、昼間は雲はあるもののこちらの気温にしてはわりと暖かめな-3℃。






オーロラツアーの集合場所の1つ、『サンタクロースホテル』のロビーの壁に、オーロラツアー客向けに天気予報が貼ってありました。







『曇りときどき雪…からの曇りときどき晴れ』
でいいいのかな!?



微妙…。でも、夜の晴れは嬉しい!っていうか、これ本当に晴れマークだよね…とざわつく私たち。(笑)



月マーク




『3日に1度は少しの時間でも晴れ間があればオーロラは観測できる』という噂を信じ、そして、天気予報の晴れマークを信じていざツアーに参加!



結果的には…、『オーロラ観測に成功!!!』



天気予報通り、かすかな晴れ間に、確かに光のグラデーションが現れました!






本当は、もっともっと晴天だったら、もっともっと綺麗にみれたのでしょうけれど、オーロラ爆発に近い、かなり大きめの、幻想的なユラユラがはっきり見え、さらに、色も緑や赤に変化するような、思わず鳥肌が立ってしまうほどの大満足のオーロラでした。



こちらの写真も自分たちで実際に撮影したものなのですが、もっと綺麗にとれたらよかったなぁ・・・^^;



そこは、もう見られただけで本当にラッキー♪



他の日程で参加されたお客さんの中には全然見られずに終わってしまうパターンもあるらしいのです…。



自然って、やっぱり人間の思惑通りにはいかないね。



とにかく、少しの晴れ間でもみぽりんに本物のオーロラを見せてあげられることができて本当によかったです!



私たちが申し込んだ『オーロラ鑑賞ツアー』は2日連続で参加することができるものでしたが、1日目にして運よく大きいオーロラが見れたのと、次の日は1日雪が降っていたので私たちは参加を見送りました。



ロヴァニエミのおすすめオーロラツアー『モイモイ号』って?どんなところで観測するの?




日本人向けツアーだと 日本語が通じるので安心です!



私たちが申し込んだオーロラツアーは『モイモイ号』!



ツアー当日は、20時出発の『モイモイ号』に乗るため、その日のお宿に早めにチェックイン。



まだ8歳のみぽりんには、シャワーや早めの晩ご飯を済ませて仮眠時間を取り、夜の観測に備えることにしました。



集合は19:30に『サンタクロースホテル』というところ。



19:30、集合場所にぞくぞくと人が集まっていましたよ。



このツアーは日本人向けで、ガイドの方も日本人だし、説明ももちろん日本語。



人数確認ができたら、早速バス『モイモイ号』に乗り込みました!



『モイモイ号は』大型バスでこの日はほぼ満席!



みぽりんより小さい子が2人いましたが、参加者はほとんど大人でした。



ガイドさんによると、『その日の空の様子でオーロラが見られる方角の観測ポイントまで向かうツアー』なんですって。



『今夜は雲はありますが、少しでも晴れ間がありそうなので、観測できるんじゃないかと思います!』っていう情報もガイドさんから聞けるとさらに嬉しい!



そして、バスに揺られること20分くらい。



まず、最初のオーロラ観測地点に到着。



元々は湖らしい広い場所に下りて観測しました。



そして、待つこと10分で感動の瞬間が!!!



真っ暗な空の雲間からうっすらと白い光が見え出し、それが段々と色づいてくるという不思議な光景に出会いました!



それから、だんだんと光が強く、幅広くなっていきました!






まず、第1観測所にてオーロラ観測に成功!



興奮冷めやらぬまま、バスに乗り込むと、ガイドさんから『おめでとうございます!みなさん、無事にオーロラ観測に成功です!』という言葉があり、みんなで拍手しました!



その後、さらにまたバスに乗って15分ほど移動し、今度はトナカイ牧場に到着。



ここが第2観測所となります。



ここでは広いロッジにお邪魔して休みながら約1時間半くらいオーロラ観測することができます。



ロッジの中で休んでいても、オーロラが出現するとスタッフが声をかけてくれることになっていましたよ!



屋外は-20℃ほどの極寒ですからね…



温かい部屋でコーヒーや紅茶で暖を取りつつ、休むことができるのは嬉しい!



しかも、ここでは焚き火小屋もあって、1人1本自分で焼いたウインナーを食べることができましたよ。






そして、肝心のオーロラですが、ここでもかすかな晴れ間に観測することができました!



やったね♪



最後にバスが最初の集合場所のホテルに到着した後、『観測できました証明書』が配られて解散になります。






ホテルに着いたのは深夜1時過ぎ…半寝のみぽりんはパパぞうにおんぶしてもらうことになりました…。



お疲れ~



私たちが参加したロバニエミオーロラツアーの詳細を見てみる



ロヴァニエミのオーロラツアーでの持ち物は?防寒について!




ご存知とは思いますが、オーロラ観測は極寒です。



ですので、かなりの防寒準備をおすすめします!



私たちは、上半身にユニクロのヒートテックの下着の上にハイネックのフリースを着て、さらにセーターの上にスキーウェアを着用。



下半身もタイツの上にボアのスウェットを履き、スキーウェア、厚手の靴下にスノーシューズを履いて行きました。



さらに、ネックウォーマー、耳まで隠れる帽子を被り、スキー用の手袋をはめ、念のためのホッカイロも持参しました。



が、それでも、-20℃の世界…底冷えがしました。






雪の上に立って、オーロラの出現を待ちますからね…足元からの冷えが半端ない…!



防寒に防寒を重ねたつもりでしたが…もっとできたことがあったのではないかと思ってしまいました…。



みぽりんは最後の方は寒さと睡魔に負けてしまい、温かいロッジで半分寝ていました…。



それから、持ち物としては、私たちは一眼レフを持っていきました。






オーロラはスマホでは撮影が難しいという話は耳にしていましたが、一応撮影できるか実際にやってみました。



実際のところ、わたしのiphoneでは全く写りませんでした…。



ちなみに、屋外の気温と建物などの屋内の気温にかなりの気温差があると、機械は故障しやすいということだったので、毎回屋内に入る前にはジップロックに入れたり、レンズを新しい靴下などでくるんだりして持ち運びしました。



あとは、一眼レフでも、撮影の方法があるんですってね。



三脚を使って、静止に数十秒かけて撮るとかってコツがあるそうですよ。



残念ながら、私たちはもう見れたことに歓喜で、写真を撮りまくることで精一杯…。



後々、上手に撮る技術をもっと知っておくべきだったなぁと思ってしまいました…。



とはいえ、一眼レフ初心者でも、とりあえずオーロラと一緒に写ってみたり♪






左下にいるわたしたち…わかるかな。(笑)



それから、オーロラ観測の注意として大原則はフラッシュ撮影禁止!



確かに。だって真っ暗な中こそ綺麗に見えるオーロラ!



フラッシュ撮影はかなりのひんしゅくものだと実感します!



ロヴァニエミのオーロラツアーどこで申し込めるの?料金は?




私たちが参加した『オーロラツアー・モイモイ号』は日本人のガイドさん付きのオプショナルツアーでした。



パパぞうさんがフィンランド旅行を決めたときに、日本でインターネット申し込みしました。



他にもいくつかのオーロラツアーはありますが、『日本では1番有名で人気がある』ということで申し込みを決めたとういうことです。



余談ですが、モイモイ号の予約はメールできて、それを当日出力して持参することになっていました。



が…パパぞうさんは、その出力を忘れてきてしまったので、ツアー直前大騒ぎになりました。



結果的には、メールは見ることができたので、それを紙に手書きして持っていき事なきを得たということです。






それから、気になるオーロラツアーの料金は、2016年11月の申し込みをした時は、2晩で家族3人で42,073円でした。


この記事を書いている現在調べてみたところによると、1晩のプランだと、大人101ユーロ、子ども(4~12歳)51ユーロ(0~3歳)無料となっていました。



それから、2017年最新るるぶ『北欧』によると、料金が85ユーロ(予約手数料別途)と書いてあり、その時のタイミングや参照する情報によって実際の金額と異なっています。



高確率でオーロラが見れる人気おすすめ格安ツアーランキング

第1位 『モイモイ号』で行く日帰りオーロラ鑑賞

モイモイ号オーロラツアー・公式サイトイメージ
画像引用;モイモイ号オーロラツアーの公式サイトより


・ オーロラの状況により臨機応変に途中下車

・ 高確率でオーロラが見れるトナカイ牧場に滞在

・ 360度視界が開けている凍った湖でオーロラ鑑賞

・ 日本人旅行者の大多数が当ツアーをチョイス

・ 2日連続・3日連続の予約が、コスパ最強。

・ 1人85ユーロから、子供料金設定あり。

・ 待ち時間で、北極圏の伝統『マキ×ウインナー焼き』体験、美味!

・ 現地に精通した日本人ガイド、熱いオーロラ解説



オーロラツアーの詳細



第2位 『オーロライナー』で行く日帰りオーロラ鑑賞

オーロライナーで行く日帰りオーロラツアー
画像引用;オーロライナーで行く日帰りオーロラツアー


・ 1人11000円、最低価格保証付き、THE最安値。

・ 高確率でオーロラが見れる『スノーホテル』に滞在

・ 360度視界が開けている凍った湖でオーロラ鑑賞もできる

・ 暖炉で、食事&コーヒーしながらオーロラ待てる

・ ホテル内にある北極圏の伝統的な森コテージ『コタ』の滞在経験

・ 3日前までのキャンセル無料

・ 現地に精通した日本人ガイド、2人以上でツアー決行



オーロラツアーの詳細




P.S.



余談になりますが、私たちが『オーロラツアー』に参加する日に泊った『ホテルアーケヌス』は街中から10分ほど離れた場所にある、ホテルというよりはペンションに近いお宿。



集合場所のホテルまで徒歩12,3分というところにありました。







この『アーケヌス』は子連れにはおすすめです!



街中に近いけど、ちょっと離れているからロヴァニエミに住んでいる人の感覚も感じられます!



『オーロラツアー』の翌日には、少し歩いたところに公園があったので、みぽりんは地元の子どもたちに交じってソリ滑りを楽しんで来ちゃいました!



ソリはホテルで無料で借りられましたよ!






そんな子連れに楽しいホテル『アーケヌス』の詳しい情報の他、ロバニエミの後に訪れた首都ヘルシンキのホテル『ヒルトン ヘルシンキ ストランド』や『ヘルシンキの観光』情報もありますので、よかったらご覧ください。



ホテルアーケヌス(ロヴァニエミ)の口コミ評判!朝食や料金の実際は?



ヒルトン ヘルシンキ ストランド(Hilton Helsinki Strand)の口コミ評判!ロケーションは?朝食や部屋の広さや料金の実際は?



ヘルシンキのおすすめ市内観光スポットは?半日1日モデルコース



また、私たち家族は成田からJAL直行便でヘルシンキまで行きました!



日本の航空会社なら日本語が通じますし、機内食も美味しいし、なにより安心感が得られるので、海外旅行におすすめです。



ロバニエミでは、オーロラ観測の前に訪れた『サンタクロース村』の記事もあります!よかったらご覧くださいね~!



フィンランドのサンタ村に本物サンタは実在?イブの様子を写真で!